アフターピルの正しい使い方を知っていれば、万一の時でも安心して避妊が期待できます。

アフターピルの使い方と種類

アフターピルの使い方

アフターピルにはノルレボ錠とプラノバール錠の2種類があります。
この2種類は緊急避妊を目的として使用されますが、使い方(服用方法)が異なります。

ノルレボ錠(LNG法)
セックス後の72時間以内、最大120時間以内に1回2錠服用

プラノバール錠(ヤッペ法)
セックス後の72時間以内に2錠服用し、12時間後にさらに2錠服用(計2回4錠の服用)

服用する時間が重要で服用が遅くなればなるほど避妊率は下がります
自分の体を守るために真剣に考えた結果、通販を利用して緊急用で備えている女性は増えています。
望まない妊娠のためにも、一つは常備しておくことをおススメします。
避妊に遅れ中絶することに比べ、身体・精神にかかる負担は軽いと言えます。

ノルレボ錠(LNG法)

避妊に失敗したと思われるセックス後に2錠を1回服用します。
セックス後の72時間以内に服用することで妊娠回避の効果が期待されます。
避妊の確率を上げるためには72時間以内とされていますが、最大120時間以内(5日以内)まで効果が期待されます。
服用は1度きりとなっていて飲み忘れを防ぐことができます。
ノルレボ錠(LNG法)による避妊は効果が高いと言われ、近年では避妊の主流となっています。
海外の臨床実験では避妊効果は約85%という結果もあり、副作用が少ないことでも推奨される避妊方法です
WHO(世界保健機関)などでもLNG法の使用を推奨しており、厚生労働省が認可しています。

アイピル

アイピル

価格 1,200円
内容量 1箱1錠
成分量 1.5㎎
アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

価格 1,420円
内容量 1箱1錠
成分量 1.5㎎
エラ

エラ(5日以内)

価格 4,950円
内容量 1箱1錠
成分量 30㎎

プラノバール錠(ヤッペ法)

古くからある避妊方法で、避妊に失敗したと思われるセックス後、72時間以内に2錠服用し、その12時間後にさらに2錠服用します。
プラノバール錠(ヤッペ法)は計2回4錠の服用方法になります。
副作用の吐き気が強く出る人が多いとされ、吐き気止めを一緒に処方されることもあります。
海外の臨床実験で避妊効果が約57%という結果が出ており、飲み忘れや効果の面から近年ではノルレボ錠(LNG法)を選ぶ人が多いです。
ヤッペ法はLNG法が発案される以前に主流となっていた歴史の古い方法です。

プラノバール・ジェネリック

プラノバール・ジェネリック

価格 1,190円
内容量 1箱20錠
成分量 ノルゲストレル 0.5mg/エチニルエストラジオール 0.05㎎

アフターピルの効果

アフターピルの効果

アフターピルは排卵の抑制と受精卵が子宮内膜へ着床することを阻害する効果があるとされています。
妊娠は、排卵→受精→着床と三段階あります。
着床を防ぐことから受精していても妊娠の確率を下げる効果が期待されます。

避妊効果の確率

上記でもあるように排卵の抑制、受精卵の着床を防ぐとされるアフターピルは、受精していても着床を防ぐ期待ができます。 しかし、避妊率はセックス後の服用時間によって大きく変動します

12時間以内の服用・・・約95%の避妊率
24時間以内の服用・・・約90%の避妊率
72時間以内の服用・・・約80%の避妊率
72時間以降の服用・・・約80%以下の避妊率

平均して上記のような避妊率が望めるようです。
基本的に72時間以内(3日以内)に服用することで、高い避妊率が望めるようです。

※アフターピルは中絶薬とは異なり、72時間以内に服用した場合でも100%避妊ができるとは限りません。

アフターピルの副作用

アフターピルの副作用

アフターピルは女性ホルモンを大量に摂取することで強制的に生理を起こし、妊娠を回避する薬です。
女性ホルモンを大量に摂取するため副作用はあります。
吐き気・嘔吐・頭痛・めまい・下腹部の痛み・倦怠感などが副作用の症状として現れやすいと言われています。

アフターピルの副作用の期間

アフターピルの副作用は服用して24時間以内に症状が現れて治まる事が多いです。
副作用には個人差があり、全く症状を感じない人や強く感じる人がいます。
副作用を感じなくても効果が効いていないとは限りません。
副作用の症状が強い場合や、服用から24時間以上経過しても副作用の症状が続く場合、他の病気との関連や重篤な副作用の可能性が考えられます。
すぐ医師へ相談してください。

副作用で吐いてしまった場合の対処法

アフターピルの副作用で吐き気や嘔吐があります。
服用から2時間以内に嘔吐があった場合、薬の成分が吸収されないまま体外へ出てしまった可能性があります
本来の効果が発揮されない事が考えられます。
この場合、アフターピルを服用しなおす必要があります。
アフターピル処方の際、医師から吐き気止めを一緒に処方されることもあります。
市販の酔い止めの薬を使うことも差し支えないとされているので、嘔吐が不安な場合、事前に備えておくといいでしょう。
万が一、1度嘔吐があって、飲みなおしの際も2時間以内に嘔吐した場合、自己判断で服用することは危険ですので、医師に相談してください。
※服用後の嘔吐は自己判断はせず、医師に事情を説明して医師の指示に従うことが望ましいです。

アフターピルの飲み合わせに注意

【ノルレボの併用注意】
抗けいれん薬
HIVプロテアーゼ阻害薬
非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤
アフターピルの効果を薄めたりする可能性が考えられます。
飲み合わせによって避妊率が下がると言えます。
参照:http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/254900AF2024_1_04/

【プラノバールの併用禁忌・併用注意】
オムビタスビル水和物、パリタプレビル水和物、リトナビル配合剤など
副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ剤など
副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ剤など
アフターピルと併用することで効果を増強する恐れがあるとされています。
参照:http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2482005F1041_3_07/

使用上の注意

アフターピルは服用時間に注意が必要です。 LNG法もヤッペ法も避妊が失敗したと思われるセックス後、72時間以内の服用が効果的とされる目安です。 アフターピルは中絶薬とは異なるため、妊娠検査薬で妊娠の疑いがある場合は服用できません。 また、服用して強制的に起こす生理の出血がある前に、セックスで避妊に失敗しても再度服用することはできません。 ちゃんと妊娠回避ができたのを確認するまではセックスは控えましょう。 服用から2時間以内の嘔吐は飲みなおす必要があるため、服用後は激しい運動や暴飲暴食は控えましょう。

アフターピルの購入方法

アフターピルの購入方法

アフターピルの購入方法は産婦人科で受診して手に入れる方法と、通販で購入する方法があります。
通販は海外から個人輸入という形になります。
通販(海外医薬品の輸入代行業者)を利用することで、海外から薬を個人輸入できます。
個人輸入で必要な難しい手続きなどを通販が代行してくれるため、一般的な通販サイトと変わらない形で薬を手に入れることができます。

市販では購入できない

アフターピルは市販(薬局など)で手に入れることができません。
医師の処方箋が必要になり、そのため医療機関が開いていない時間帯だと、避妊の確率が時間の経過とともにどんどん低下してしまいます。
お盆や正月などの連休と重なってしまった場合、服用するのが72時間以降になってしまうケースも少なくありません。
アフターピルは通販で安価で購入することができます。
いざという時のためにストックしておく女性も多いようです。

病院で購入する方法

アフターピルを病院で処方、購入する場合、ほとんどが産婦人科のピル外来で予約することになります。
そして、簡単な問診票の記入と身分証の提示、薬の説明があり処方してもらいます。
特に内診などの診断はないとされています。
実費の薬になるので、保険証は不要となっていますが、医院によっては費用が10,000円以上する場合があります。

通販で購入する方法

購入方法は通販サイトによって異なりますが、Web注文・電話注文・Mail注文・FAX注文があります。
主にWebでの注文が多いようですが、注文方法が充実した利用しやすいサイトもあるため、初めて利用する場合は注文方法が充実した通販サイトをおススメします。

価格が安く、病院まで出向く必要がないため、薬以外の出費が無くなります。
また、人に知られたくない場合にもおススメです。
自分のタイミングで、自分に合った医薬品を低価格で購入できることから、通販で医薬品を購入する人は増えています。

しかし、通販で購入した薬は海外から個人輸入するため、手元に届くまでに時間がかかります。
すぐに使いたくても、届いたときには遅いということになります。
あらかじめ通販で緊急時のために備えておくことが良いと言えます。

低用量ピルとアフターピルの違い

避妊には様々な方法がありますが、低用量ピルとアフターピルは女性自身が高い確率で避妊できる方法になります。
しかし、避妊できると言う点では同じでも、この2つには大きな違いがあります。

低用量ピルは避妊効果を得るために、毎日決まった時間に服用することで、少量の女性ホルモンを摂取していき、副作用も限りなく起こりづらくしたものとされています。
避妊効果以外にも生理の周期を整えたり、肌荒れの改善や生理痛の軽減などの効果も期待できるとされています。

低用量ピルは避妊以外の目的で服用している人も多いようです。
次にアフターピルですが、こちらの服用は避妊を失敗したセックス後のみになります。

低用量ピルとは違い、1度に大量のホルモンを取り入れることで、身体のホルモンバランスを大きく変え、生理を人工的に起こす働きがあるとされています。
このように避妊効果は同じでも服用方法が大きく異なり、また副作用の負担もアフターピルが大きいようです。

通販で購入できるアフターピル

通販で購入できるアフターピル

通販で購入できるアフターピルはたくさんの種類があります。
ジェネリック医薬品もあり、低価格で購入することができます。

万が一に備えてどのようなアフターピルが通販で購入できるかチェックしましょう!

アイピル

アイピルは近年増えているLGN法のノルレボのジェネリック医薬品です。
価格を抑えて購入することができ、他のアフターピルに比べて副作用も少ないと言われています。
しかし、ホルモンバランスを大きく変化させることに変わりはないため、身体に負担はかかってしまいます。

服用方法はセックス後の72時間以内に1錠を服用するだけです。
飲み忘れもなく、1回の服用で避妊の効果が発揮されると言われています。
『女性のお守り』と呼ぶ人もいるほど人気と実績があるアフターピルです。

ノルレボ

日本で始めての緊急避妊薬とされるノルレボは、高い避妊効果や安全性などが認められています。
ノルレボは人工的に生理を促し、更に排卵を抑制し、着床を阻害する効果があるとされています。
アイピルと同様の服用方法で、セックス後72時間以内に1錠服用することで避妊の効果が得られると言われています。
ノルレボは先発薬として製造販売が承認されているので、ジェネリックと比べると値段は高いことが多いです。

プラノバール

プラノバールはヤッペ法という緊急避妊法になります。
セックス後72時間以内に2錠服用し、更にその12時間後に2錠服用するアフターピルになります。
ノルレボやアイピルと異なる服用方法で使用します。
副作用はノルレボやアイピルと同じ吐き気や嘔吐、不正出血などですが、吐き気が強いと言われています。
そのため、吐き気止めと一緒に処方されることもあります。