アフターピルの使い方、種類を紹介

アフターピルはコンドームとは違いセックスの後でも避妊が期待できる薬です。

アフターピルの使い方と種類

アフターピルの使い方

コンドームが破れていた、彼氏に断ることができなかった、雰囲気に流され避妊しなかったなど避妊に失敗した理由は様々です。
セックスのあと生理くるかな?妊娠していたらどうしよう?と不安はどんどん大きくなります。
病院へ行って悩みを大きくしたくないし、自分で解決できるなら早く不安から開放されたい・・・

そんな時アフターピルを正しく使うことでセックスの後でも避妊が期待できます
アフターピルにはノルレボ錠(LNG法)、プラノバール錠(ヤッペ法)の2種類があります。
ノルレボ錠?ヤッペ法?何それ?って思う人がほとんどだと思います。

アフターピルは2種類あって飲み方が異なるとだけ今は頭に入れといてください。
種類の詳細についてはのちのち説明します。

ノルレボ錠(LNG法)
セックスのあと72時間(3日)以内に1回1錠または2錠服用
※ノルレボ錠には1錠のみの服用と2錠の服用があります。
※ノルレボ錠(LNG法)はセックスのあと最大120時間(5日)以内まで効果が期待できるとされています。

プラノバール錠(ヤッペ法)
セックスのあと72時間(3日)以内に2錠服用し、1回目の服用から12時間後さらに2錠服用(計2回4錠の服用)
※2回目の飲み忘れに注意が必要です!避妊に失敗する恐れがあります。

この2種類に共通して言えるのが72時間以内に飲むことです。
この時間を過ぎると十分な効果が期待できないとされています。
アフターピルは緊急避妊薬ですので中絶とは違い100%避妊ができるとは限りません。

現在は通販を利用して購入することができるので、一つは常備しておくことで迅速な対応ができます。
避妊に遅れ中絶することに比べ、身体や精神にかかる負担は軽いと言えます。

ノルレボ錠(LNG法)

避妊に失敗したと思われるセックスのあとに1回(1錠または2錠)服用します。
セックス後の72時間以内に服用することで妊娠回避の効果が期待できます。
避妊の確率を上げるためには72時間(3日)以内とされていますが、最大120時間以内(5日以内)まで効果が期待でき、服用は1度きりとなっているので飲み忘れを防ぐことができます。
ノルレボ錠(LNG法)による避妊は効果が高いと言われ、近年では避妊の主流となっています。
※セックスのあと72時間(3日)以内に服用した場合、98%の避妊効果が期待できます。

【ナイピル】
価格が安い!!
ナイピル
価格
2,980円~
内容量
1箱4錠
特徴
1箱に4錠も入っているのでお得です!!
ナイピルの購入はこちら
【アイピル】
人気の商品!!
アイピル
価格
1,200円~
内容量
1箱1錠
特徴
知名度も高く人気があります。
アイピルの購入はこちら
【アンウォンテッド72】
アンウォンテッド72
価格
1,420円~
内容量
1箱1錠
特徴
セックスのあと12時間以内の服用で99.5%の避妊率
アンウォンテッド72の購入はこちら

プラノバール錠(ヤッペ法)

古くからある避妊方法で、避妊に失敗したと思われるセックス後、72時間以内に2錠服用し、その12時間後にさらに2錠服用します。

プラノバール錠(ヤッペ法)は計2回4錠の服用方法になります。

ヤッペ法はLNG法が発案される以前に主流となっていた歴史の古い方法で、副作用がノルレボ錠よりも強く出るケースが多いとされており、副作用の吐き気が強く出る人が多いため吐き気止めを一緒に処方されることもあります。

飲み忘れや効果の面から近年ではプラノバール錠よりもノルレボ錠(LNG法)を選ぶ人が多いです。
※セックスのあと72時間(3日)以内に服用した場合、プラノバール96%の避妊効果が期待できます。

【オブラルG】
プラノバールのジェネリック
オブラルG
価格
1,190円~
内容量
1箱20錠
特徴
1箱に20錠も入っているので1錠あたりの価格が安いです。
オブラルGの購入はこちら

アフターピルの効果

アフターピルの効果

アフターピルは排卵の抑制と受精卵が子宮内膜へ着床することを阻害する効果があるとされています。
妊娠は、排卵→受精→着床と三段階あります。
着床を防ぐことから受精していても妊娠の確率を下げる効果が期待されます。

避妊効果の確率

上記でもあるように排卵の抑制、受精卵の着床を防ぐとされるアフターピルは、受精していても着床を防ぐ期待ができます。 しかし、避妊率はセックス後の服用時間によって大きく変動します

12時間以内の服用・・・約95%の避妊率
24時間以内の服用・・・約90%の避妊率
72時間以内の服用・・・約80%の避妊率
72時間以降の服用・・・約80%以下の避妊率

平均して上記のような避妊率が望めるようです。
基本的に72時間以内(3日以内)に服用することで、高い避妊率が望めるようです。

※アフターピルは中絶薬とは異なり、72時間以内に服用した場合でも100%避妊ができるとは限りません。

アフターピルの副作用

アフターピルの副作用

アフターピルは女性ホルモンを大量に摂取することで強制的に生理を起こし、妊娠を回避する薬です。
女性ホルモンを大量に摂取するため副作用はあります。
吐き気・嘔吐・頭痛・めまい・下腹部の痛み・倦怠感などが副作用の症状として現れやすいと言われています。

アフターピルの副作用の期間

アフターピルの副作用は服用して24時間以内に症状が現れて治まる事が多いです。
副作用には個人差があり、全く症状を感じない人や強く感じる人がいます。
副作用を感じなくても効果が効いていないとは限りません。
副作用の症状が強い場合や、服用から24時間以上経過しても副作用の症状が続く場合、他の病気との関連や重篤な副作用の可能性が考えられます。
すぐ医師へ相談してください。

副作用で吐いてしまった場合の対処法

アフターピルの副作用で吐き気や嘔吐があります。
服用から2時間以内に嘔吐があった場合、薬の成分が吸収されないまま体外へ出てしまった可能性があります
本来の効果が発揮されない事が考えられます。
この場合、アフターピルを服用しなおす必要があります。
アフターピル処方の際、医師から吐き気止めを一緒に処方されることもあります。
市販の酔い止めの薬を使うことも差し支えないとされているので、嘔吐が不安な場合、事前に備えておくといいでしょう。
万が一、1度嘔吐があって、飲みなおしの際も2時間以内に嘔吐した場合、自己判断で服用することは危険ですので、医師に相談してください。
※服用後の嘔吐は自己判断はせず、医師に事情を説明して医師の指示に従うことが望ましいです。

アフターピルの飲み合わせに注意

【ノルレボの併用注意】

  • 抗けいれん薬
  • HIVプロテアーゼ阻害薬
  • 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤

アフターピルの効果を薄めたりする可能性が考えられます。
飲み合わせによって避妊率が下がると言えます。

参照:Pmda 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

【プラノバールの併用禁忌・併用注意】

  • オムビタスビル水和物、パリタプレビル水和物、リトナビル配合剤など
  • 副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ剤など
  • 副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ剤など

アフターピルと併用することで効果を増強する恐れがあるとされています。

参照:Pmda 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

使用上の注意

アフターピルは服用時間に注意が必要です。 LNG法もヤッペ法も避妊が失敗したと思われるセックス後、72時間以内の服用が効果的とされる目安です。 アフターピルは中絶薬とは異なるため、妊娠検査薬で妊娠の疑いがある場合は服用できません。 また、服用して強制的に起こす生理の出血がある前に、セックスで避妊に失敗しても再度服用することはできません。 ちゃんと妊娠回避ができたのを確認するまではセックスは控えましょう。 服用から2時間以内の嘔吐は飲みなおす必要があるため、服用後は激しい運動や暴飲暴食は控えましょう。

アフターピルを服用しても避妊に失敗した原因

考え事をする女性

【服用時間が遅かった】
アフターピルの服用は早ければ早いほど効果が高いとされています。
服用時間が遅ければ避妊の確率は平行して低くなります。


【服用後にセックスをして避妊に失敗した 】
服用の時間は72時間以内で効果が高く望めても、ノルレボ錠の場合、排卵日が遅れる場合があります。
服用後セックスをすることで妊娠する可能性は考えられるため、出血が確認できるまではセックスは控えましょう。


【服用して2時間以内に嘔吐をして、再度服用しなかった】
服用して2時間以内に嘔吐があった場合、アフターピルの成分が吸収されず体外へ出た可能性が考えられます。
この場合、効果が全く効かなかったり、効果が薄くなる場合があります。


【2回目の服用忘れ】
プラノバール錠の場合、1回目の服用後12時間後に服用する必要があります。
服用前に寝てしまった、仕事が忙しく服用のタイミングを逃しそのまま服用していないなどの理由で服用を忘れる人がいます。
服用し忘れによって効果が薄くなることが考えられます。
1回目の服用が早くても2回目服用し忘れた場合、効果の効き目は低いと言えます。


【飲み合わせが悪い薬を飲んだ】
抗生物質や喘息の薬などのアフターピルと飲み合わせが良くない薬があります。
万が一、知らずに併用した場合、効果が発揮されないまま避妊に失敗することがあります。


【子宮外妊娠】
子宮内膜の着床を阻害する働きが期待できるアフターピルは、子宮内膜の外で妊娠が成立している場合効果が発揮されません。

【すでに妊娠していた】
着床がすでに完了している場合、妊娠継続を阻害する効果はアフターピルにはありません。
妊娠している場合、アフターピルの服用によって妊娠に大きな影響はないとされていますが、服用者の体の負担が大きくなる恐れがあります。
アフターピルの服用前に妊娠がわかっている場合、服用はしないでください。
効果が無い上に、薬代も捨ててしまうような行為になります。

アフターピル服用後の出血は?

口を押さえる女性

アフターピルを服用後、3日~3週間以内で出血があります。
この出血を『消退出血(しょうたいしゅっけつ)』と言い、子宮内膜が体外へ排出されることで起こる出血です。
子宮内膜が剥がれることで出血を起こすのは生理と消退出血の2パターンになります。
消退出血は避妊に成功した可能性がある知らせでもあります。
消退出血後は通常の生理が起こるため、アフターピルを服用した月は2回出血が見られます。
しかし、生理周期と同時に消退出血が起こることもあるため、同じ月に2回出血が見られないこともあります。
アフターピルの影響で生理周期を10日前後早めたり、遅らせたりすることがあります。
そのため、消退出血後の生理が予定に来ないからといって焦り過ぎないようにしてください。
消退出血が3週間以上見られない場合、妊娠の可能性が考えられます。
すぐに医師に相談して検査を受けましょう。
参照:星光クリニック

消退出血は妊娠の知らせ?

上記でも説明はしましたが、消退出血があった場合アフターピルの効果によって避妊に成功したと考えられます。
しかし、消退出血は着床した場合でも起こる可能性はあります。
着床し妊娠した際に起こる出血を『着床出血』と言います。
着床出血と消退出血を勘違いして、実際は妊娠していたというケースもあります。
出血があったから避妊できたと思わず、妊娠検査薬を使って出血後の確認も必要と言えます。
出血がどの出血かわからなくて不安な場合、早めに婦人科を受診しましょう。

アフターピル服用後の出血のまとめ

  • アフターピル服用後3日~3週間以内に出血があります。
  • アフターピル服用後の出血は『消退出血』と言います。
  • 消退出血があった場合、避妊に成功した可能性があります。
  • 消退出血と生理が同じ月に見られます。(月に2回出血があり、人によっては同時に出血することもある。
  • 服用後、生理の予定日を1週間以上過ぎても消退出血がない場合、妊娠検査薬を試してください。
  • 消退出血と思っていても、妊娠した際に起こる『着床出血』の場合があります。
  • 消退出血と思われる出血があっても妊娠検査薬で妊娠してないか確認してください。

アフターピルの購入方法

スマホを触る女性

アフターピルは産婦人科や婦人科で処方してもらうことができます。
総合病院などに行けば専門科があるため、近くに専門科がない場合は総合病院へ行きましょう。
病院へ行く以外の方法でも通販を利用してアフターピルは購入できます
通販は海外から医薬品を個人輸入する形で購入できます。
個人輸入や海外医薬品と聞くと不安になる人も少なくないです。
しかし、大手通販サイトの楽天やアマゾンと利用方法はほとんど変わりません。
個人輸入で必要な手続きを通販サイトが代行してくれるため、注文して自宅に届くのを待つだけです。
医薬品を通販で購入できることで病院へ行くことなく、病院で処方されている薬と同様の薬が手に入るのは非常に便利だと言えます。

アフターピルを病院で購入

アフターピルはレディースクリニック、産婦人科、婦人科、総合病院へ行くことで購入できます。
アフターピルは健康保険対象外になるため、保険の記録に購入履歴が残りません。
そのため、家族に知られる心配は要りません。
しかし、健康保険対象外ということは費用の負担は大きいと言えます。

ノルレボ錠
約10,000~15,000円以上

プラノバール錠
約4,000~7,000円以内

病院によって価格は違いますが、薬代のみで上記の金額になります。
診察代、交通費などの別途必要な出費を考えると高額に感じてしまいます。

アフターピルを通販で購入

通販を利用することでアフターピルは購入できます。
通販は海外から医薬品を個人輸入する形になりますが、大手通販サイトの楽天やアマゾンなどの利用方法とほとんど変わらないです。

ノルレボ錠
約3,000円

ノルレボ錠のジェネリック
約1,000~3,000円

プラノバール錠
約3,000円

プラノバール錠のジェネリック
約1,000~2,000円

通販サイトによって価格は異なりますが、病院で処方してもらうよりもはるかに安いことがわかります。
先発薬と同等の効果が期待できるジェネリック医薬品も通販だと種類が豊富です。
価格や種類を見ても通販は非常にお得です。

通販で購入するメリットとデメリット

メリット

  • 価格が安い
  • 種類が豊富
  • キャンペーンやクーポン利用で価格をさらに抑えれる
  • 複数購入で安くなる
  • ストックができる
  • 時間がなくても注文が簡単にできる
  • 人に知られることなく注文できる
  • 実際の利用者の口コミを参考にできる
  • サイトに医薬品の詳しい情報が記載されている
  • 自分に合った医薬品を見つけることができる

デメリット

  • 海外配送のため届くまでに時間がかかる(約1~2週間前後)
  • 税関の混雑・天災・遅延・海外祝祭日によって長期の遅れの可能性がある
  • 人気の商品は品薄
  • 注文商品の返品ができない
  • 代引き対応が少ない
  • 偽造品を扱うサイトがある
  • 医師による取り扱いの説明がない
  • 全て自己責任
  • 副作用の対応が病院で出来かねる(海外医薬品のため処置して症状が悪化する可能性が考えられるため)

メリットもあればデメリットもありますが、価格の安さや利便性を考えると通販を利用することにメリットを大きく感じます。
医師の指示のもと、薬を使いたいという人は病院処方が良いでしょう。
価格を抑えたい、病院へ行けないなどの理由がある場合は通販を利用するのが良いでしょう。
自分のライフスタイルに合わせて病院や通販で医薬品を購入できます

通販で購入できるアフターピル

パソコンを使う女性

アイピル
近年増えているノルレボのジェネリック医薬品です。
避妊に失敗したと思われるセックス後、72時間以内に1錠服用することで避妊効果があるとされています。
副作用も少なく、安全に使えることからアフターピルの中で最も人気があります。
『女性のお守り』と呼ぶ人もいるほど認知度の高いアフターピルです。

【アイピル】
人気の商品!!
アイピル
価格
1,200円~
内容量
1箱1錠
特徴
知名度も高く人気があります。
アイピルの購入はこちら

ノルレボ
日本で初めての緊急避妊薬とされるノルレボは、高い避妊効果や安全性などが認められています。
人工的に生理を促し、排卵を抑制し着床を阻害する効果が期待できます。
アイピルと同様の服用方法で、セックス後72時間以内に1錠服用することで避妊の効果が得られるとされています。
先発薬として製造販売が承認されているので、アイピルと比べると価格は割高です。

【ノルレボ】
ノルレボ
価格
3,320円~
内容量
1箱1錠
特徴
不妊治療や生理周期改善が期待できます。
ノルレボの購入はこちら

プラノバール
プラノバールはヤッペ法という緊急避妊法になります。
セックス後72時間以内に2錠服用し、さらにその12時間後に2錠服用するアフターピルになります。
ノルレボやアイピルと異なる服用方法で使用します。
副作用はノルレボやアイピルと同じ吐き気や嘔吐、不正出血などですが、比較的吐き気が強いとされ、吐き気止めと一緒に処方される事が多いです。 ジェネリック医薬品にオブラルGがあります。 効果も同等の期待ができ、価格も安いためおススメです。

【オブラルG】
プラノバールのジェネリック
オブラルG
価格
1,190円~
内容量
1箱20錠
特徴
1箱に20錠も入っているので1錠あたりの価格が安いです。
オブラルGの購入はこちら

低用量ピルとアフターピルの違い

避妊には様々な方法がありますが、低用量ピルとアフターピルは女性自身が高い確率で避妊できる方法になります。
しかし、避妊できると言う点では同じでも、この2つには大きな違いがあります。

低用量ピルは避妊効果を得るために、毎日決まった時間に服用することで、少量の女性ホルモンを摂取していき、副作用も限りなく起こりづらくしたものとされています。
避妊効果以外にも生理の周期を整えたり、肌荒れの改善や生理痛の軽減などの効果も期待できるとされています。

低用量ピルは避妊以外の目的で服用している人も多いようです。
次にアフターピルですが、こちらの服用は避妊を失敗したセックス後のみになります。

低用量ピルとは違い、1度に大量のホルモンを取り入れることで、身体のホルモンバランスを大きく変え、生理を人工的に起こす働きがあるとされています。
このように避妊効果は同じでも服用方法が大きく異なり、また副作用の負担もアフターピルが大きいようです。