アイピルの効果や副作用|正しい飲み方で避妊率UP!
TOP > アイピルの効果、副作用、飲み方などを紹介

アイピルの緊急避妊効果は72時間以内の服用により確かな避妊が可能になります

アイピルの効果とは?

薬を持つ女性

アイピルは女性ホルモンに働きかけ、身体のホルモンバランスを大きく変えるとされています。
排卵の遅延・抑制効果・受精卵の着床阻害効果が期待ができます。
子宮内膜をはがして人工的に生理を促し妊娠を阻止してくれます。
服用後一週間前後に生理が起き、出血を確認することができれば避妊成功したことになります。

アイピルは国内でまだ承認されていない海外の医薬品になるので、病院では購入することができません。
しかし、通販(海外医薬品個人輸入代行業者)を利用することで購入でき、アフターピルで最も人気のアイピルを購入する人は多くいます。
妊娠は人生を左右する大きな事で、アイピルを常備しておくことで避妊できるのであれば、中絶や望まない出産後の苦悩と比べ、心や身体にかかる負担は軽減できると言えます。

【アイピル】
人気の商品!!
アイピル
価格
1,200円~
内容量
1箱1錠
特徴
知名度も高く人気があります。
アイピルの購入はこちら

アイピルの正しい使い方

うつむく女性

アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品でLNG法という方法で使います。
その方法とは避妊に失敗したセックスのあと72時間(3日)以内に1回1錠(1.5㎎)を水かぬるま湯で飲みます
飲み忘れによる避妊失敗を防止でき、正しい使い方で効果を高めます。
また、副作用の症状も少ないことから使いやすく安全性の高い緊急避妊薬と言えます。

アイピルの副作用とは?

頭を抱える女性

アイピルは安全性が高い薬ですが、吐き気、嘔吐、頭痛や不正出血などの副作用が多いと言われています。
急激に身体のホルモンバランスを変化させるため、身体にかかる負担は軽くはないと言えます。
副作用には個人差があり、副作用を強く感じる人もいれば全く感じない人もいます。
また、その日の体調によって副作用も大きく左右されますので、使用前に副作用の症状や、どのような対処法があるのか知っておきましょう。

副作用が出る期間

副作用はアイピルを服用して2~24時間以内に症状が表れ、症状が収まると言われています。
しかし、前述でもあったように副作用には人によって差があります。
副作用の症状が24時間以降も続いたというケースもあります。
現在のアフターピルは安全性が高くなっており、強い副作用が出ることはあまりないとされています。
しかし、副作用が強く出すぎたり、期間が長い場合は医師に相談して指示を受けてください。

副作用への対処法

アイピルの副作用で吐き気による嘔吐があります。
アイピルに限らずアフターピルを服用して2時間以内に吐いた場合、薬が吸収されず体外へ出た可能性があります。
この場合、薬の効果を十分得られない可能性があります。
嘔吐によって避妊に失敗したという事例もあり、2時間以内に吐いてしまった場合はすぐに服用しなおしてください。
万が一判断に迷った場合はすぐに病院へ行くか医師と相談して指示に従ってください。

アイピル服用後の出血は?

横になり考える女性

アイピルを服用したあと3日~3週間ほどで起こる不正出血は緊急避妊に成功した知らせとも言えます。
この出血は『消退出血(しょうたいしゅっけつ)』と言い、アイピルの効果により子宮内膜が剥がれることで起こります。
通常は子宮内膜が剥がれ出血することを生理と言いますが、アフターピルを飲んだあと起こる出血は消退出血と考えられます。
生理も消退出血も同様な仕組みによって出血しますが、アフターピルを飲んでいるか飲んでいないかの違いと考えてもいいです。

着床出血に要注意!

確率としては低いとされる出血ですが、アイピル服用後の出血で受精卵が子宮内膜に着床した際に起こる出血です。
つまり妊娠した際に起こる出血です。
避妊失敗という事になります。
着床出血は消退出血と比べると出血量が少なく色も薄い傾向にあります。
生理のように継続して起こる出血でもなく、基礎体温が高くなります。
アイピルを飲むことでホルモンバランスが崩れるためこれらの出血がどの出血なのか見分けることは非常に困難です。
アフターピルを飲んでも妊娠していないかしっかりと検査することが大事です。

アイピルの購入方法

パソコンで作業する女性

避妊具の破損、ピルの飲み忘れ、勢いで避妊しなかった、など避妊に失敗した理由は様々です。
アイピルはセックスのあとでも避妊ができ、近年では安全な薬として利用者も増えています。
アイピルは国内ではまだ承認されていない海外医薬品なので、病院へ処方してもらいに行ってもアイピルではなくノルレボ錠を処方されると思います。
アイピルは通販でのみ購入することができます。 ノルレボ錠はアイピルの先発薬でアイピルはこの薬のジェネリック医薬品になります。
ジェネリック医薬品は先発薬と同等の効果が期待でき、価格が安いことで有名です。

市販・病院では購入できない

海外では人気があり、緊急避妊薬として使われることの多いアイピルですが、まだ日本では未承認のため国内で処方してもらうことはできません
当然市販でも販売されていないためアイピルの購入は通販のみとなります。
病院ではアイピルの先発薬で同等の効果が期待できるノルレボ錠を処方されますが、保険適用外のため価格が高いです。
また、自由診療のため価格が病院によって異なります。
アイピルは国内未承認の薬ですが、価格も安く効果や安全性に期待ができる薬です。

アイピルが通販で購入できるのなぜ?

海外ではかなり浸透してきているアイピルですが、残念なことに日本では未承認のため購入手段は通販のみです。
通販は海外の医薬品を個人輸入するという形になりますが、個人輸入の手続きなどを通販サイトが代わりに行ってくれるので注文して届くのを待つだけでいいです。
大手の楽天やアマゾンなどの通販サイトと同様な形で医薬品を購入できます。
アフターピルを処方してもらう価格の10分の1程度で購入することができ、通販は誰かに知られることもなく購入できます。
最近では事前に通販でアイピルを購入してお守り代わりにしている人も多いです。

通販購入のメリット・デメリット

アイピルは海外医薬品なので発送元は海外になります。 そのため、注文から届くまでに1週間ほど時間を要します。 セックスのあと72時間以内に飲むことで避妊の効果が高いとされるため、避妊に失敗して注文すると間に合いません。 そのため、事前にストックしておく必要があります。 また、通販サイトで薬を購入して偽造品による健康被害にあったというケースもあります。

メリット
・価格が安い
・種類が豊富
・キャンペーンやクーポン利用で価格をさらに抑えれる
・複数購入で安くなる
・ストックができる
・時間がなくても注文が簡単にできる
・人に知られることなく注文できる
・実際の利用者の口コミを参考にできる
・サイトに医薬品の詳しい情報が記載されている
・自分に合った医薬品を見つけれる

デメリット
・海外配送のため届くまでに時間がかかる(約1~2週間前後)
・税関の混雑・天災・遅延・海外祝祭日によって長期間遅れる場合がある
・人気の商品は品薄
・注文商品の返品ができない
・代引き対応が少ない
・偽造品を扱うサイトがある
・医師による取り扱いの説明がない
・全て自己責任
・副作用の対応が病院で出来かねる(海外医薬品のため処置して症状が悪化する可能性が考えられるため)

メリットもあればデメリットもありますが、価格の安さや利便性を考えると通販を利用することにメリットを大きく感じます

通販で購入できるアフターピル

パソコンを使う女性

【アンウォンテッド72】
アンウォンテッド72
価格
1,420円~
内容量
1箱1錠
特徴
セックスのあと12時間以内の服用で99.5%の避妊率
アンウォンテッド72の購入はこちら
【ナイピル】
価格が安い!!
ナイピル
価格
2,980円~
内容量
1箱4錠
特徴
1箱に4錠も入っているのでお得です!!
ナイピルの購入はこちら
【オブラルG】
プラノバールのジェネリック
オブラルG
価格
1,190円~
内容量
1箱20錠
特徴
1箱に20錠も入っているので1錠あたりの価格が安いです。
オブラルGの購入はこちら

アイピルの使用上の注意

緊急時の避妊のためのアフターピルのアイピルですが、そもそもアフターピルには2種類ありLNG法とヤッペ法で服用方法が違います。このアイピルはLNG法(ノルレボ錠)のジェネリック医薬品になるので服用方法はノルレボ錠と一緒ですが、いずれも服用のタイミングはセックス後の72時間以内ということに変わりはないのですが、アイピルは1錠だけを72時間以内に服用するというのが正しい飲み方なのです。

ヤッペ法と混同し2度服用してしまったり、他のノルレボ錠と混同し2錠服用してしまったり、許容量を超える飲み方をしてしまうと、身体にもそれだけの負担がかかってしまいますし、量を多く飲んだからといって避妊の効果が高まる薬ではありません。アフターピルのアイピルはあくまで緊急用の強い薬になるので用法、用量はしっかりと守り服用することが大事です。