TOP > ノルレボの効果、副作用、服用方法とは

緊急避妊薬ノルレボは正しい使い方を知り、72時間以内の服用で高い確率で緊急避妊が望むことができます

ノルレボの効果とは?

ノルレボの効果とは?

望まない妊娠のために行う避妊ですが、コンドームやピルなど様々な避妊方法があります。しかし、挿入前からコンドームを着用していなかった、コンドームが破れてしまった、膣外射精を失敗した、など様々な理由で避妊を失敗してしまうことがあります。その際に緊急避妊薬を用いることでセックス後でも避妊効果を得ることができます。

アフターピルという別名でも知られているのがノルレボという緊急避妊薬ですが、その効果は排卵を抑制や遅延による受精の阻害、また受精卵の着床の阻害する効果があり、大きくわけてこの二つの大きな効果によりセックス後でも避妊の確立を上げることができます。そして生理を人工的に誘発することにより着床する前、受精する前に避妊を成功させることにより緊急避妊薬と言われています。

避妊効果

緊急避妊薬のノルレボですが、避妊を100パーセント成功させる薬ではありません、海外の臨床試験においてノルレボ服用後の妊娠率は約1.34パーセントという結果が出ています。しかしこの結果も生理の何日前なのか、コンドームの着用の有無、膣外射精などこういったことは考慮せずに服用した何人が妊娠したかという結果になっています。

そもそも緊急避妊薬において服用する時間によって避妊効果が変動します。避妊を失敗してからの72時間以内の服用することで避妊効果を発揮するノルレボですが、できるだけ早く服用することで避妊の成功率を上げることができます。セックス後の排卵や着床阻害効果をできるだけ早く阻害することで効果を得る薬なので望まない妊娠のための場合速やかに服用することがすすめられています。

生理不順

望まない妊娠のためにセックス後に飲むお薬がアフターピルといいますが、そのアフターピルのひとつであるノルレボですが、この薬の効果は緊急避妊するために人工的に生理を起こすものになります。

そのため生理不順の方や無月経と呼ばれる生理がこない病気の際にこのアフターピルが処方される場合があります。緊急避妊にアフターピルを服用し避妊が成功した場合に生理がきます。

これを消退出血といいますが、生理が定期的に来ない方にもしっかりと同じタイミングでこれと同じ原理で生理を起こすことができます。生理というのは子宮内膜が剥がれ落ち、それが血液となって体外で排出される現象ですが、健康な方の場合、一定の周期で起こる生理ですが、その期間が早かったり遅かったリずれたりすることが生理不順につながります。そういった場合に緊急避妊薬のアフターピルでの治療もできます。

更年期障害に効果はあるの?

更年期障害とは加齢により卵巣の機能低下による女性ホルモンのエストロゲンの減少により、身体と脳の間でずれが起きその結果自律神経に刺激がいき体調や精神的な不調になってしまう現象を言います。アフターピルのノルレボも黄体ホルモンの一種であるレボノルゲストレルの効果により緊急避妊を促しますが、更年期に対しての効果はあまりみられません。

更年期の治療の場合は同じ女性ホルモンの中でもエストロゲンとプロゲステロンのふたつが使用され、どちらか単体で処方されるかふたつの配合剤などもあります。そのため緊急避妊薬のノルレボもホルモン剤として更年期に効果は薄いので、女性の閉経後に現れる症状にはプレモンという女性ホルモンのエストロゲンが配合されているお薬が有効です。

ニキビ肌改善に効果はあるの?

ホルモン剤でニキビ改善できることは知ってる方も多いと思います。皮脂の分泌を司るホルモンを抑えることができるためにニキビ肌も改善してくれます。低用量ピルなどもホルモンバランスを整えてくれるために副作用としてニキビができにくい肌にしてくれます。

がしかし緊急避妊薬も低用量ピルと同じ避妊薬ですが、効果としては同じだとしても急激にホルモンバランスを動かすことで人工的に生理を促す薬になるので、副作用でニキビができるという報告もうけています。このことから緊急避妊薬のノルレボがニキビ肌を改善してくれる効果には期待はできません。ホルモン量のバランスが合わないとニキビが悪化してしまう場合もあるので低用量のピルでも相性などもあり注意が必要です。

ノルレボの副作用とは?

ノルレボの副作用とは?

避妊を失敗した際に服用する薬としてアフターピルのノルレボは有名ですが、服用するにあたって誰もが心配なことが副作用だと思います。身体の変化に伴い拒否反応として現れるのが副作用の症状ですが、緊急避妊薬自体が急激なホルモンバランスを変化させ妊娠中に近い状態に近づける効果があるために身体への負担も大きく副作用も出やすいと言われています。

しかしこの副作用も個人差も大きく全く感じないという方もいます。ここではその緊急避妊薬のノルレボの副作用が出る期間や副作用の症状、そしてその対処方法などを詳しく説明していきます。しっかりと症状と対策の知識を得ることでノルレボに対する不安をなくし緊急に備えることができます。

副作用が出る期間

一般的に薬を服用し有効成分が体内に吸収され始めてからこの成分が身体影響を与え始めてから副作用も一緒に出始めます。アフターピルのノルレボを服用し2時間~3時間ほどすると、成分が吸収され、身体のホルモンバランスが変化し始めます。

大体このくらいの時間から副作用の症状が出始めるといわれています。アフターピルには急激なホルモンバランスを変化させる効果があるため、この変化に身体がおこす拒否反応が副作用として現れますが、一過性のため、服用後の約24時間後には症状も収まってる方がほとんどですが、人によっては全く副作用もない方や、その時の体調や精神状態なども左右するために一概に副作用が必ずとは言い切れません。

副作用の症状

アフターピルのノルレボは急激なホルモンバランスの変化を起こし人工的に子宮内膜をはがして排卵を遅らせて生理を起こし避妊を成功させるお薬ですが、その急激な変化のために副作用も吐き気や嘔吐、下痢や不正出血や頭痛など様々です。

しかし、他の緊急避妊薬のプラノバールでは吐き気が50パーセントに対してノルレボでは3パーセント以内、プラノバールでは嘔吐が15パーセントですがノルレボの場合は、嘔吐してしまう人はほとんどいないといわれてるほど副作用が少なく安全な薬として確立していますが、アフターピルの吐き気の副作用はつわりのような症状のために起こるものです。しかし足の痛みや息切れ、激しい頭痛、麻痺、急な視覚障害などの症状が現れた場合は救急外来を受診したほうがいいです。

副作用への対処法

ノルレボ服用後に起きてしまう副作用は身体の中でのホルモンバランスの急激な変化によるものです。この副作用に対して正しく対処することが避妊効果も高めるとともに安心して服用できる手段にもなります。

まずアフターピルの副作用として吐き気や嘔吐の症状が多いということが知られていますが、この副作用に対しては市販の酔い止め、吐き気止めの薬で対処できます。服用して2時間以内の嘔吐はノルレボではあまり聞かれませんが、もし嘔吐した場合は身体に吸収される以前なのでもう一度服用する必要があります。

また頭痛や腹痛などの副作用に対しては市販の痛み止めなどでも問題はないです。市販の吐き気止めや風邪薬、頭痛薬や痛み止めとして知られるロキソニンなどはノルレボとの併用に特に問題もないため一緒に服用することができます。

ノルレボの購入方法

ノルレボの購入方法

望まない妊娠のためにセックス後でも避妊効果のある緊急避妊薬であるノルレボですが、一般的に薬局やドラッグストアなどで市販化されていないため、購入方法が限られています。

現在日本では薬事法でノルレボのような緊急避妊薬は医師の処方箋がないと購入できないため、アフターピルの緊急避妊薬を購入する際は産婦人科などを受診するという方が多いと思います。

ただしノルレボは通販でも購入することができます。個人輸入代行という形の通販になりあ、こちらではすべてが自己責任となるために、服用は慎重に判断することが大切です。

しかしそれ以外のメリットとしては値段も安く事前に誰にもバレずに手に入ることができるため、また緊急避妊として病院に行きたくない、という理由から通販を利用する人も増えています。

市販で購入する方法

市販で緊急避妊薬を購入する方法は現時点ではありません。最近では薬局で様々なジェネリック医薬品が販売されていますがノルレボに関しても薬局などでは購入することができません。

薬事法の観点から購入は市販でなく医師の処方の元、購入できる医薬品になるため、婦人科の受診が必要不可欠になります。現在様々な理由で市販化の話もでていますが、現状は難しいといったところです。

すでに海外の他の国ではノルレボは非常に有名で安全な薬として知られていて日本で婦人科に処方してもらうよりも安価で手に入ることから多くの女性に利用されています。病院での処方以外の購入方法だと個人輸入という通販による海外の薬の購入も可能になっています。

病院で購入する方法

緊急避妊薬のを購入のために婦人科を受診するという場合、購入はピル外来として婦人科を予約し、購入に必要なお金さえ持っていけば購入が可能です。ノルレボの処方の場合、保険適用外になり、緊急避妊に関しては病気ではないために自由診療になります。

自由診療とは病院側が診察の値段を決めていい診療方法になり、病院によって異なりますが値段は約15000円前後のところが多いです。病院で診察する際に内診や検査などがあるかも、と思うかもしれませんが、ノルレボが処方される際は病院での内診は行わず簡単な問診や薬の説明だけで終わることも多いです。医師に直接不安なことも相談ができるため安全面を考慮して病院で購入するという方法もひとつです。

通販で購入する方法

ノルレボや、ノルレボのジェネリックであるアイピルの購入には通販もできます。病院にかかりたくない、誰にもばれたくないなど、様々な理由があると思いますが、通販の場合自分の手元に届くまである程度の時間がかかってしまいます。

即日発送にしても事態が発覚してからアフターピルを注文しては手遅れになりかねません。そういったことを未然に防ぐためにも、通販で購入する場合は事前に購入しておくことをおすすめします。

医師からの処方の場合緊急時以外は処方してもらえませんが、通販(個人輸入)では自分で使用する場合のみのいつでも購入することができます。緊急時に備えて72時間以内に服用するためにもお守り代わりに購入する女性も増えています。

ノルレボの使用上の注意

緊急避妊薬のノルレボを服用する際の禁止事項や他の薬との飲み合わせなど使用上の注意についてです。まず妊娠してる女性、妊娠の可能性のある女性にはノルレボの服用が禁止されています。

妊娠初期や中期にノルレボを服用による胎児への悪影響があるおそれがあります。また肝障害、心疾患、腎疾患がある人はノルレボを服用時に慎重な判断が必要になります。

またアフターピルにも飲み合わせというのが存在し、相互効果をもたらす薬やサプリもあります。特に注意が必要なものは抗生物質です。中でもペニシリン系とテトラサイクリン系はピルの効果を下げてしまう恐れもあるので注意が必要です。

また薬を服用する際に水や白湯などで飲むのは基本かもしれませんが、ジュースやお茶などでも効果が半減したり増大しすぎたりします。特にグレープフルーツジュースの中には効果を強めてしまう成分を含むものもあります。