低用量ピルの効果、副作用、使い方を紹介
TOP > 低用量ピルの効果、副作用、使い方を紹介

毎日服用することで避妊効果が継続的に得られる低用量ピル

低用量ピルの効果とは?

低用量ピルの効果とは?

通常ピルというとこの低用量ピルのことをさす場合があります。避妊効果があることは知られていると思いますが、このお薬は卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含むホルモン剤になります。

アフターピルとは違いセックス後の服用ではなく、事前に毎日服用するのが基本です。このホルモン剤の成分を効果があり、副作用の起きないギリギリまでに落としたものを低用量ピルと言います。

そしてこのふたつのホルモンは卵巣で作られていますがピルに含まれているホルモンとほぼ同じ構造をしているために脳が錯覚します。その結果このホルモンが分泌されているということは本来排卵後に分泌されるホルモンになるので、十分にホルモンが分泌されていると脳が勘違いをし、排卵を促す指令を出さなくなります。そのことにより排卵がされないために避妊効果があるということです。排卵が止まっても服用をやめればまた自然に排卵が起こります。

避妊効果

低用量ピルの避妊のメカニズムは先ほども説明した通り、女性ホルモンを体内に取り込み妊娠状態、排卵後の状態に錯覚させることにあります。基本的に1日1回同じ時刻に服用することで低用量の女性ホルモンを取り入れる必要があります。

1、2時間程度の誤差のなら問題なく効果を発揮しますが、飲み忘れなどでは効果も半減し更に2日も飲まないとまた最初からの見直しになります。服用を始める生理周期にもよりますが、低用量ピルを正しく毎日服用していればほぼ100パーセントの確率で避妊効果を得ることができます。

そしてピルの服用効果により子宮内膜の増殖が抑えられます。本来エストロゲンの作用で内膜が分厚くなり受精後の着床の際に優位にしてくれる効果がありますが、これも子宮内膜の増殖も抑えられることから妊娠しにくい状態にしてくれる効果もあります。そしてさらにもうひとつ、ピルの効果で子宮頚管粘液の粘り気が増すことから精子が通過しずらい状態にしてくれる避妊効果もあります。

生理不順

この低用量ピルの効果には生理不順をなくし、定期的に安定的に生理の周期をコントロールするという働きもあります。生理不順の原因として、肉体的、精神的なストレスにも影響されやすく身体のホルモンバランスが崩れてしまいます。

その結果が生理の周期の期間や生理の長さ、量などを不安定にしてしまい、生理不順になってしまいます。しかし低用量ピルを服用すると一定のホルモンバランスが保たれコントロールする効果があるので、生理不順が改善され、また急激なホルモンバランスの乱れで起こる生理痛やPMS(生理前症候群)を緩和してくれます。避妊効果だけでなく生理不順にも効果的な低用量ピルです。

更年期障害に効果はあるの?

閉経前後になると卵巣の働きが衰え女性ホルモンの分泌と脳からの命令に誤差が生まれるようになります。自律神経にも影響しその時に起こる身体の変化が更年期障害と呼ばれ、イライラやのぼせや身体の冷えなどが起こってしまいます。

身体全体の女性ホルモンが下がってしまうために起こるので、この時に更年期障害の緩和のためにホルモン剤での治療が行われます。同じホルモン剤の低用量ピルですが、更年期治療に使われるホルモン剤は低用量よりももっと少量で主にエストロゲン剤を使用して緩和、治療がされています。

この治療をホルモン補充療法といい、40代でも低用量ピルを服用しても問題もありませんが、目安としては生理があるうちは低用量ピルで閉経が近づいたらホルモン補充療法という使い方が一般的です。

ニキビ肌改善に効果はあるの?

低用量ピルがニキビ肌の改善に効果があり注目されはじめているのは事実です。そもそもニキビの原因の1つは皮脂の過剰分泌によるものです。体内の微妙なホルモンバランスの変化によって男性ホルモンの作用が強まれば皮脂の分泌を促してしまいそれがニキビに繋がってしまいます。

一般的な低用量ピルには卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンというのが含まれておりこれはどちらも女性ホルモンになります。このピルのホルモンが体内のバランスを整えて一定にしてくれることと、そしてこのエストロゲンがニキビを直してくれる効果があるんです。皮脂の分泌を抑えてきめ細かい肌に保つ効果が含まれているためニキビ肌にも低用量ピルが効果的なんです。

低用量ピルの副作用とは?

低用量ピルの副作用とは?

ピルというと副作用もすぐ連想する人が多いと思いますが、現在の最新の低用量ピルは開発当時と比べて副作用も大分減り、副作用の発生率も少なくなっています。特に何のトラブルもなく服用を続けていけてるという方も多いです。

しかし医薬品に対して身体が拒否反応を起こした症状を副作用といいますが、低用量ピルは、アフターピルにも使われる中用量ピルや、ノルレボやアイピルなどのアフターピルなど同じホルモン剤と比べるとその含まれているホルモンの量から副作用も少ないと言われています。

しかし体内のホルモンが変化することに変わりはないのでそれによって副作用が引き起こされます。個人差があり、全く副作用を感じないという方もいれば体調によってという方もいます。

副作用の症状

副作用の少ない最新の低用量ピルですがホルモンに対して身体がなれて安定するまでは不快な症状が現れる場合があります。副作用として主に、吐き気や頭痛などがあげられますが、一時的なホルモンの変化によるものなのですぐに収まる場合が多いですが、ひどい頭痛や嘔吐など我慢できない症状の場合は医師に相談するようにしましょう。

そして他にも胸の張りや痛みがあげられます。低用量ピルのホルモンの効果により身体を妊娠状態に錯覚させるために生理前の状態と同じで胸が張ったり痛みをかんじる時がありますが、ピルの服用になれることで段々と弱まっていきます。またこの他にも不正出血や体重の増加などの報告がありますが、どの副作用もひどい場合は医師に相談することをおすすめします。

副作用への対処法

低用量ピルの副作用として一番多いのが吐き気と嘔吐です。実際に吐いてしまったという例は最近では少なくなってきていますが、もし吐いてしまった場合は服用して2時間以内の場合は成分が外に出てしまっているので再度服用する必要があります。

一日に2錠飲んでも身体に悪影響はないので問題はないです。そして3時間以降の場合は追加で飲む必要はありません。しかし嘔吐の前に吐き気をなんとか対処したいものですよね。

そこで軽度の吐き気の場合は市販の吐き気止め(車の酔い止め)などでも対処できます。またエストロゲン(女性ホルモン)の量で嘔吐をしてしまっている場合がほとんどだと思いますが、ホルモン量の少ない低用量ピルを選択するのもひとつです。頭痛などの対処としては市販の痛み止めなども併用しても問題ありませんが、副作用の出やすい体質の方は服用の前に医師と相談の上ピルを選択し服用しましょう。

低用量ピルの購入方法

低用量ピルの購入方法

アフターピルと同様に避妊の目的で服用をしている方が多い低用量ピルですが、購入方法には二つの種類があります。医師からの処方が必要なために病院で購入する方法と、もうひとつは通販で個人輸入という形で購入することができます。

違いとしては病院で処方してもらう際は保険がきくピルもあるので自分にあった成分や種類のピルを選んでもらえます。医師への相談もできますが、その分診察料や処方箋料がかかります。通販で購入する際はすぐに届かないため最初は飲むタイミングがずれやすいです。低用量ピルはひと月単位で服用する薬になるので、いつでも飲み始めることができないので通販の場合は注意が必要です。

市販では購入できない

現在の日本では薬事法というものがあり、医薬品や医薬部外品や化粧品などに決まりがあります。その中でも低用量ピルは医師からの処方箋がないと購入することができないため病院で診察を受ける必要があります。気軽に手に入る薬ではないのでなじみのない人も多いかと思いますが、海外では市販で購入できる国もありますが日本では市販で購入できないために低用量ピルを購入する場合は病院か通販かのどちらかの選択肢になります。

病院で購入する方法

低用量ピルを病院で購入する場合は、ピル外来として婦人科などの病院を予約し、処方してもらうことがほとんどになります。しかし低用量ピルの日本での歴史はまだ浅くどこの病院でも処方してもらえることができません。

また医師が必要と判断しない限り処方もしてもらえないので、診察や通院などがそれも手間、と考えてしまう方も多いです。しかし低用量ピルも様々な種類があり、自己判断で服用するのも危険です。医師の判断を仰ぎ自分にあった低用量ピルを服用することが大事です。また病院で処方してもらうことで定期健診や健康診断もできピルの服用に当たっての健康面もしることができます。初めての服用の場合不安や心配事も多い方は病院での購入や相談もいいでしょう。

通販で購入する方法

低用量ピルを通販で購入する場合、個人輸入という形になり海外から医薬品を購入することになります。現在個人輸入を代行してくれるサイトも沢山あり、様々な低用量ピルを購入することもできます。

病院に通院する必要もないですし、金銭面でも病院で購入するよりも安価で購入することができますが、その分すべてが自己責任になります。服用したことのある薬や、前回と同じ薬なら大丈夫と思っていても偽物のトラブルもあるので安心できるところから購入、入手するのが大事です。

また個人輸入代行での購入の場合、海外からの発送になるため手元に届くまで数週間かかるというのが普通です。服用を始めることができるようになるまで少し時間がかかるのもデメリットとしていえますがその分値段や通院の不要など手軽さが魅力です。

低用量ピルの使用上の注意

低用量ピルは毎日決まった時間に必ず飲むことで効果が発揮されます。服用を始めてから注意をしなければならないことは飲み忘れです。同じタイミングで飲むことができず、1,2時間程度でしたら問題がないですが12時間以上の場合は、次の服用のタイミングで2錠服用することで効果が継続されます。

しかしそれ以上空いてしまった場合は避妊効果やその他効果もなくなり、また新しいシートの1から飲みなおさなければなりません。また副作用の面でももっとも注意しなければならないことは血管に関する疾患で血栓症のリスクです。血栓症というのは血管の中の血の塊ができてしまう病気で、激しい頭痛、腹痛、視野、意識の異常などの症状があった場合は血栓症の可能性があるため病院の診察を受ける必要があります。