プラノバールの正しい使い方、効果、副作用などを紹介
TOP > プラノバールの正しい使い方、効果、副作用などを紹介

プラノバール緊急避妊薬としての使い方もある中用量ピルです。セックスのあとでも服用することで避妊が期待できます。

プラノバールの使い方

遠くを見つめる女性

プラノバールは主に女性特有の治療(生理周期改善・不妊治療など)に用いられる中用量ピルですが、避妊に失敗したセックスのあと服用することで緊急避妊の効果も得られるとされています。
プラノバールは女性特有の治療・緊急避妊の2つの使い方ができる薬です。

女性特有の症状改善

1日1錠を一定時刻に服用します。
生理周期・機能性子宮出血・不妊治療の改善などが期待できます。

緊急避妊

セックス後、72時間以内に2錠服用、さらに12時間後に2錠服用し、全部で4錠を2回に分け飲みます。

プラノバールには同じ成分を使ったジェネリック医薬品があります。
ジェネリック医薬品は価格が安く、効果も先発薬(※1)と同等の効果が期待できる薬です。

※1ここでいう先発薬はプラノバールを指します。ジェネリック医薬品は先発薬の特許期間が切れたことで、先発薬の開発元以外の製薬会社でも同じ主成分を含み同等の効果が期待できる薬を製造できるようになり販売されている薬の事です。

【オブラルG】
プラノバールのジェネリック
オブラルG
価格
1,190円~
内容量
1箱20錠(1錠約59.5円)
緊急避妊の用途
5回分(1回の避妊に対して4錠使用)
緊急避妊以外の用途
20日分(1日1錠)
オブラルGの購入はこちら

不妊治療や生理周期の改善として効果が期待できるプラノバールですが、緊急避妊として使う場合プラノバールよりもノルレボが副作用が少なく避妊の効果が高いとされています。
※セックスのあと72時間(3日)以内に服用した場合、プラノバール96%・ノルレボ98%の避妊効果が期待できます。

プラノバールとノルレボの違い

虫眼鏡で見る女性

アフターピルは避妊に失敗したセックスのあとでも服用することで避妊が期待できる薬ですが、アフターピルには歴史の古いプラノバールと比較的新しいノルレボの2種類があります
どちらも緊急避妊薬として効果が期待できますが服用方法、避妊率や価格が異なります。
この2種類を比較し、どれが一番今の自分に必要なのか確認しましょう。

薬剤名 プラノバール(ヤッペ法) ノルレボ(LNG法)
服用方法 セックス後72時間以内に2錠服用、さらに12時間後2錠服用(計4錠) セックス後72時間以内に2錠服用
1回の使用量 4錠 1錠
副作用 吐き気や嘔吐
副作用は感じやすい
吐き気や嘔吐
副作用はほとんど感じない
避妊率 96% 98%
価格
(病院)
約4,000~7,000円以上 約10,000~20,000円以上
価格
(通販)
約3,000円 約3,000円
ジェネリック医薬品
(通販)
約1,000~2,000円 約1,000~3,000円

※病院での処方は薬代以外に初診料や説明指導料、検査代などが含まれることがあり、処方される数量も異なるようですので、総額が病院によって異なります。また、病院で処方された場合、プラノバールの2回目以外は持ち帰りできず、病院で服用するようです。
※避妊率はセックスのあと72時間(3日)以内に服用した際の確率になります。アフターピルは服用する時間が遅くなればなるほど避妊確率は下がります。

プラノバール以外のアフターピル

微笑む女性

アフターピルには2種類ありプラノバールとノルレボがあります。
ここでは避妊効果が高く、副作用も軽いとされるノルレボのジェネリック医薬品を紹介します。 ノルレボは通販で購入することができ、通販でノルレボのジェネリック医薬品も購入できます。
ジェネリック医薬品は先発薬(ノルレボ)と同等の効果が期待でき、さらに価格が安いためお得に購入できます。

【ナイピル】
価格が安い!!
ナイピル
価格
2,980円~
内容量
1箱4錠
特徴
1箱に4錠も入っているのでお得です!!
ナイピルの購入はこちら
【アイピル】
人気の商品!!
アイピル
価格
1,200円~
内容量
1箱1錠
特徴
知名度も高く人気があります。
アイピルの購入はこちら
【アンウォンテッド72】
アンウォンテッド72
価格
1,420円~
内容量
1箱1錠
特徴
セックスのあと12時間以内の服用で99.5%の避妊率
アンウォンテッド72の購入はこちら

プラノバールの効果(女性特有の症状改善)

調べものをする女性

体内のホルモンバランスを強制的に変化させる効果があります。
ホルモンバランスを人工的に調節することで、生理不順などの女性特有の症状改善に期待されます。
また、受精卵の着床しやすい環境を形成するとされ、不妊治療にも使うことがあります。
服用方法によって受精卵の着床を防ぐとされ緊急避妊薬としても使うことがあります。

月経異常の改善

生理の出血量が多い場合や月経異常などの様々な症状の治療目的で処方されることもあります。
生理初日を1日目とし、5日目~3週間1日1錠を服用します。
この服用方法によって生理に関する症状の改善に期待ができます。
しかし、服用を急に辞めたり、服用量を守らなかった場合、症状が悪化することがあります。

不妊治療

排卵後に服用することで、受精卵が着床しやすい環境を形成するとされています。
高温期が維持され不妊治療に期待されます。
卵巣の老化や病気を防ぐ用途で処方されるケースもあります。

生理周期のコントロール

生理を早めたい場合
生理初日を1日目とし、5日目から服用します。
1日1錠を1週間~10日ほど服用し、生理を開始したい日の3~5日前に服用をやめます。
その後3~5日ほどで生理が来るとされています。

生理を遅らせたい場合
生理開始予定日の5~7日前から服用を開始します。
生理を来させたくない日まで飲むことで生理を遅らせる期待ができます。
その後、服用を中止すると2~5日ほどで生理が来るとされています。
旅行やイベントで生理を前後にずらしたい場合、生理日の調整ができる言われています。

参照:Pmda 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

プラノバールの効果(避妊・緊急避妊)

調べものをする女性

プラノバールは排卵を抑制する効果があるとされています。
そのため、避妊を目的とした使い方もあります。
本来の目的は女性ホルモンに関わる病気の治療ですが、生理周期をコントロールすることで、避妊の効果も期待できます。
セックス後の72時間以内に2錠飲み、さらに12時間後に2錠飲むことで、受精卵の着床を阻害します。
この飲み方で緊急避妊の効果も期待できます。
通常の避妊を目的とする場合、生理開始の5日目から飲み、1週間ほどで避妊の効果が得られるとされています。

プラノバールの副作用とは?

下を見る女性

女性ホルモンの量が低用量ピルと比較して多いため、副作用も強く出ることがあります。
緊急避妊を目的とした服用の場合妊娠初期の症状に近い状態のため、吐き気や嘔吐、頭痛、不正出血などがあります。
吐き気や嘔吐が多いことからプラノバールと一緒に吐き気止めなどが処方されることがあります。
プラノバールの副作用には血栓症という重大な副作用が出る可能性あり、医師に相談の上で飲むようにしてください。
その他の副作用として身体がむくみやすくなったり、倦怠感や食欲不振やニキビ、肌荒れがあると言われています。
参照:Pmda 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

注意すべき副作用

上記でもありましたが、プラノバールの副作用に血栓症のリスクがあります。
血栓症は血液中に血栓ができ、血管が詰まってしまう症状のことです。
手や足のしびれ、強い頭痛、意識朦朧などの症状が出ることがあります。
最悪の場合、脳梗塞や心筋梗塞に繋がるとされ注意が必要です。

  • 強い頭痛
  • 足の痛みや腫れ、脱力感や痺れ
  • 息切れや胸痛
  • 視力障害や舌のもつれ

このような症状が服用後現れる場合、すぐに医師に相談してください。

副作用の期間

緊急避妊を目的として服用した場合、副作用は服用後24時間以内に現れて、収まるとされています。
緊急避妊以外の目的で使用した場合、数日で体が慣れ2~3周期分を飲み続けると副作用の症状はあまり感じないです。
副作用の感じ方には個人差があり、生活に支障が出るほど強い副作用の場合は服用を継続するか医師の指示に従いましょう。

プラノバールの飲み忘れや嘔吐

プラノバールには吐き気や嘔吐の副作用が多いとされており、緊急避妊を目的とした服用で2時間以内に吐いた場合、プラノバールの成分がしっかりと吸収されていない可能性があります。
服用から2時間以内に吐いた場合、すぐに飲み直すか、医師へ相談し服用を継続するか中断するか指示を受けてください。
緊急避妊以外の用途の場合、飲み忘れに気がついた時点で飲むか、1回分を飛ばして次の服用時間に飲んでください。
飲み忘れの場合、2回分を1度に飲むことは副作用が強く出ることがあります。
身体の負担を考えても2回分を1度で飲むことはよくないです。
1日以上の飲み忘れは、排卵が起こり生理がくることがあります。
緊急避妊以外の飲み忘れは心配しすぎないで、気づいたタイミングで速やかに服用しましょう。

アフターピル服用後の出血

アフターピルを服用後、3日~3週間以内で出血があります。
この出血を『消退出血(しょうたいしゅっけつ)』と言い、子宮内膜が体外へ排出されることで起こる出血です。
子宮内膜が剥がれることで出血を起こすのは生理と消退出血の2パターンになります。
消退出血は避妊に成功したと思われる知らせでもあります。
アフターピルを服用した月は生理と消退出血の2回出血があります。
しかし、生理周期と同時に消退出血が起こることもあり、同じ月に2回出血があるとは限りません。
アフターピルの影響で生理周期が10日前後早まったり、遅まったりすることがあります。
そのため、消退出血後の生理が予定に来なくても焦り過ぎないでください。
消退出血が3週間以上見られない場合、妊娠の可能性が考えられるため妊娠検査薬を使った確認、または医師へ相談し速やかに検査を受けましょう。

プラノバールの使用上の注意

何かを見つめる女性

緊急避妊としてプラノバールを飲む際に注意しておきたいことは飲み忘れです。
計4錠を2回に分けて飲みますが、精神面や副作用などで飲むことを忘れてしまう場合や、仕事でどうしても飲むタイミングがなかったなど様々な理由で飲み忘れは起こります。
緊急避妊は4錠の服用でホルモンバランスを変化させ子宮内膜をはがすとされています。
飲み忘れは十分に薬の効果が得られないと言えます。
また、服用から2時間以内に吐いた場合、成分が十分吸収されないまま体外へ出たと考えられます。
その際は速やかに再度飲みなおしましょう。
吐き気止めを一緒に飲むことで嘔吐などの副作用を軽減できます。
喫煙は血栓症になるリスクがさらに高まるため、プラノバールの服用はできないです。

プラノバールの購入方法

パソコンを使う女性

プラノバールの購入方法は病院で処方してもらう場合と通販で購入する方法の2種類です。
病院はピル外来になり自由診療での処方になるので、保険適用外となり価格も少し高めです。
病院によって価格設定も異なるため一概にいくらとは言えませんが、ノルレボ錠の処方とくらべ価格は安いです。
ヤッペ法のプラノバールはそもそも緊急避妊専用の薬ではなく、様々な用途もあり歴史の古い薬なので1錠単価だと安いです。
通販で扱っている同成分で価格も安い海外製品のジェネリック医薬品もありおススメです。

市販・病院では購入できない

薬事法によりアフターピルは市販で買うことができないので、中用量ピルのプラノバールも市販で買えません。
病院でも緊急時しか買うことができません。
事前にまとめて処方してもらうことはできず、そのつど、医師の処方箋がないと購入できません
そのため、処方箋がなくても購入できる通販を利用する人が増えています。

通販購入がおススメ

緊急避妊の際は飲む時間が避妊効果にも直結するため、通院する時間や祝祭日で医療機関がやっていない場合、受診もできず飲むまでの時間が経過してしまうことがあります。
避妊に失敗したセックスから72時間以降は避妊の失敗の確率も上がってしまうのもリスクです。
そのため事前に通販で買って常備している人は多いです。
個人輸入代行サイトで海外の医薬品を個人で輸入することができます。
通販は注文して届くまで1週間前後掛かります。
避妊失敗後に注文しても手遅れになるので、前もってストックしておくことで早めの対応ができます。
通販の場合、医療機関で処方されるよりもはるかに価格が抑えられます

通販購入のメリットとデメリット

アフターピルにはタイムリミットがあり、セックス後から72時間以内とされています。
上記でもありましたが、通販で注文して届くまで待っていては緊急避妊ができません。
そのため、事前に購入しておく必要があります。
通販は医師の判断で出された薬ではないため、医師に相談することができません。
デメリットもありますが、価格が安くストックができる利点があります。
薬の詳しい説明が丁寧に記載されている通販もあり、楽天やアマゾンのように注文して自宅に届くのを待つだけです。
避妊失敗というデリケートな部分で誰かに相談できないケースや病院に行けないような精神状態だったりを考えても、自分の身を守るため手元に一つはあっていい薬だと言えます。